スポンサーリンク

プロとアマチュアの違い

質問者:左ストレートさん

『プロボクシングとアマチュアボクシングの違い』を教えて下さい。

解答者:管理人

プロボクシングとアマのの違いですけど、分かりやすいものをいくつか紹介しますね。

まず、階級の呼び名と体重区分が違います。

例えば、プロの一番軽い階級はミニマム級で、47.63kg以下です。アマの場合は、年令によってジュニア(15才〜18未満)とシニア(18才以上)に分かれていて、ジュニアがモスキート級で45kg以下、シニアの場合はライトフライ級で48kg以下などとなってます。

次に試合で付けるグローブの重さです。

プロは階級によって8オンス(227グラム)と10オンス(284グラム)に分かれていて、アマはジュニアを除き、10オンスを付け、ジュニアは階級によって10オンスと12オンスを付けます。

次に試合時間です。プロは、1ラウンド3分で4、6、8、10、12ラウンド戦います。アマは、ジュニアが2分3ラウンドでシニアが3分3ラウンド戦います。あと、プロはヘッドギアー(頭と顔の保護用具)は付けず試合を行なうが、アマはジュニア、シニア問わず、ヘッドギアー装着が義務づけられています。

大まかところだとこのような感じですが、かなり違いがあります。

ホーム > よくある質問 > プロとアマチュアの違い

since 2001.6.14 --last updated