スポンサーリンク

ボクシング プロテストの視力基準

質問者:多くの方

プロボクサーになるには、視力が0.6以上ないといけないとどこかで聞いたのですが、それ以下の人はプロになれないのでしょうか?視力矯正手術とかを行うべきでしょうか?

解答者:管理人

2008年にJBCへ電話確認したところによると現在は数値基準(0.5以下は不可等)で受験不可になることはないとのことです。つまり安全性に問題なければ受験可能で、現在、視力に関する基準は完全撤廃の方向に進んでいるようです。但し、極度の近視、弱視などは網膜はく離との因果関係から受験が認められない場合もあるとのことです。
ボクシング プロテスト情報にも記載していますので参考にして下さい。

現在、視力の基準は裸眼で0.5以上となっています。しかし、これを満たさないと絶対に受けられないということはありません。 視力の基準は、ある程度の融通がきき、コミッションドクターがある程度の恩情措置を講じてくれるようです。さすがに0.0〜台(0.01とか0.02など)の視力だとまず無理と言ってもいいですが、0.1とか0.2などは受けることができる可能性は十分にあります。この程度なら、まず大丈夫ではないかと思います。

だから、よっぽど悪くない限り(0.01など)、矯正手術は考えない方がいいでしょう。また、万一手術するとしてもジム側ときちんと相談してからにして下さい。もしかしたら、そのままでも受けることができるかもしれません。

ホーム > よくある質問 > ボクシング プロテストの視力基準

since 2001.6.14 --last updated